相続

相続

相続対策=税金対策・・・というこれまでの視点から少し変えて、相続を考えてみましょう。

相続は放っておくと争いになります。争いは避けたいですよね。

相続人は数名なのに、不動産は 一 つ、こんなケー スでは、誰に何をどう相続させるのか?

そして、相続税はいくらになるのかそれをどうやって払うのか

また、財産を分けたくない相続人が存在する場合、遺留分をどうするのか?

こういった様々なケ ー スに、最良の方法を一 緒に考えましょう。


例 

広い敷地に 一軒の大きな古い家。相続人は子供が二人。一人は同居、一人は遠くへ離れています。このまま放っておくと相続時に争いが生じかねない。

このケースでは、まず建物は解体し土地を三分割しました。

一つは売却 して建築資金に充て、残りの内の一区画に二世帯住宅を建築し、そこに今まで通り同居。残りの一区画は駐車場にして利用。

相続が発生した場合、土地建物は同居の子供に、駐車場はもう 一人の子供に。


例 

子供が三人居ますが、一人の子は親に迷惑ばかりかけ、今は行方知らず。それでも相続時には遺留分という権利が発生します。

先ず、相続財産がいくらになるのかを洗い出しました。

そして遺留分がいくらになるのかを出し、遺留分に該当する金額の不動産を用意し、それを行方知らずの子供に相続させる旨の遺言書をしたためました。